2015.06.21   音楽 ,,,,,,,,,,,,,,,

セブンスコード5度抜きでテンション外声#11、リディアンスケール対応。

メイジャースケールから3度と7度をフラットにかけ、今あるセブンスをすべてドリアンスケールで想像をする。2度・6度を抜いたペンタトニックによるブルーススケールのメロディにはいまひとつ馴染みもないので、そこはわからなくもない。

そのままよいながれでセブンスによるメジャー・ドリアン・ミクソリティアン・ロコリアンとそれぞれのスケールを実験してみるが、どうもセブンスのハーモニーが引っかかるので、三和音のトライアドのみでさらに試みる。しかしながら、トライアドだとどうしても響きが単調すぎるようで、やはりセブンスの5度を抜いた音が心地よい。しかもテンション(外声)で11度をなるべく多様する感じだ。【2:9、4:11、6:13】

リズムとハーモニーはちょっとおいておきたい。


槍の間合いもまだまだだな。


Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.