2016.08.02   民間伝承 ,,,

銀歯にするメリットとデメリットは?予算を立ててセラミックに。

銀歯なんて久しぶりの言葉だなと、聞くたびに思うわけである。小学校のときに、こぞって乳歯を銀歯にするという一種のムーブメントが起きていたようにも思うが、永久歯を銀歯にするというのはこれまたちょっと違った話なのである。というのも、銀歯というのは決して一生モノ扱いとなるわけではなく、そのリーズナブルな治療費と容易に治療できるという理由だけで、戦後の日本人の歯を守ってきたわけなのである。

銀歯にすることのメリットは?

そう、ここで気をつけなければならないのは、銀歯にすることは少なからずメリットとデメリットがあるということだ。私の思う銀歯にするメリットとしては、既に虫歯になってしまった歯の応急処置をより低価格で、簡単に制御することができることだろう。はっきり言ってここだけだ。

銀歯にすることのデメリットは?

銀歯にすることのデメリットは、見た目がやや気になること。そして、その時点での応急処置になるので治療した銀歯の下部分からまた虫歯菌が繁殖する可能性があるということである。

もしも急に虫歯を治療をしなければならなくなったときは銀歯で問題ない。しかしながら、もしも虫歯になったときのことを事前に準備する余裕があったり、銀歯よりも目立たない治療を考えているのであれば、予算を立てて銀歯以外の治療を考えるのも手だ。というのも、銀歯以外の治療にもセラミックやコンポジットレジンなど、銀歯と比較してみるとより自分に適した治療方法がある。保険外の対象となるので費用的には銀歯よりも予算を必要とするが、何より銀歯の下に虫歯できないための手段としてはおすすめしておきたい。


槍の間合いもまだまだだな。


Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.