2015.07.23   民間伝承 ,,,,,

引き算好きの男爵は鍵から西陣織を引いては待機中の数珠さえも抑える。

よく干されたシャツを着たら、たった数ヶ月でよく色落ちをしてしまったズボンを履く。財布は行先の場所を選ばず、そっとポケットに忍ばせた。鞄こそは場所を選び、場合によって持たないこともあるが、あえて持っていってもその中身はほとんど見ることもなければ、開くことすらない。もしも引き算をしなければならないのなら、身体から鞄をそっと引いてあげるのである。

鍵は必ず持ち歩いている。キーケースやキーホルダーは付いていない、きっと引き算好きの男爵に引かれてしまったのだろう。倉庫に眠る西陣織のカバーも長らく寝たきりとなっており、もはや西陣織だったか龍村織物であったかさえも定かではない。いや、きっと西陣織であっただろう。あの華奢な生地はまぎれもない西陣織だ。

置いてかれる数珠は、代理にヘアゴムとなって役割をはたす。己の役割など自身が知らずとも、待機中の数珠はそっと念じかけている。物理的な距離感などはまったく意識しておらず、数珠はひたすら精神的な距離感を掴みきっているもよう。


槍の間合いもまだまだだな。


Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.