2013.01.18   視覚表現, 民間伝承

福島、睦月に揺れる鎖と色彩

福島、睦月に揺れる鎖と色彩。

光と影、睦月にだけ表現される白と黒。

福島の公園には、北の入口から東の入口へと渡る

大人の残した足跡がごっそりと残っている。

草木を揺らす冷たい風と烏の鳴き声は

放課後の子どもの声を一層、濁し潰していく。

二面を揺らす鎖紐の被写体は

帰る場所も知らない放浪の酸素である。

視覚表現も微々たる色彩の偽りを覚える。

相次ぐ四輪による聴覚への刺激に

脚を清め、身を収める覚悟で足跡を鳴らす。

爪立たずとも

我がのその臆病な程の猫足に

停まる駅は北から更に北へと移される。


槍の間合いもまだまだだな。


枯れ木も山の賑わい。


HTML Wordpress メタルギア モノゴト 丁寧 万年筆 今宵 体感 作業 判断 北海道 単純 太陽 実験 容姿 心地よい 思考 意識 感覚 撮影 文化 映像 時間 本質 歩く 物語 環境 生活 瞬間 福島 簡単 精神 経験 自然 色彩 表現 要素 言葉 記憶 質素 身体 過去 違和感 雰囲気 風景

Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.