2017.01.23   視覚表現 ,,

理性と感性の違いとは?頭で理屈を考えるが先か感性で動くか。

『頭で理屈を考えてから行動し、感性でモノを言わすのか。はたまた、感性で行動した結果を頭で分析して言葉にするものか。』よくそんな感じのことを寝る間も惜しんで議論する人種もあるわけで。要するに理性と感性の優先順位はどちらかというだけの話である。そんなものは時と場合によるわけで、その状況によって違うということは言うまでもないのである。

それらを踏まえた上で、前述の議題に対してどちらかということを問いかけたとしよう。そのとき、自らのタイプを即座に述べることができるのであれば、それは『感性で行動した結果を頭で分析して言葉にする』タイプの人間で、逆に一瞬でも迷って答えたのであれば『頭で理屈を考えてから行動し、感性でモノを言わすのか。』というタイプが多いことが見えてきている。そんなものである。

もっといえば、数字とイメージの話もあるだろう。どんなにその対象者に対して数字的に損をする条件であっても、イメージさえよければそこまで気にしないということである。逆に、どんなに自分にとって数字的に得のあることがあっても、そのためのイメージがわるければ人は行動しないとも言われているのである。結局、損得で考えれば数字でみることが重要であるが、心が動くのはいつだって視覚的表現と音(音楽)の組み合わせなのである。

そろそろ理性と感性の違いの結論を。

感性と理性はどちらが優先的に働くのかということであるが、前述したとおり結論としては状況によって異なるわけでどちらともいえないということである。常時理屈を考えていても、とっさに感性が働くことによって他人にしてはならない迷惑をかけてしまうこと。感性が激しいあまりにとっさにでてしまう暴言や罵声、終いに手がでてしまえばそれはもう人間ではいられまい。教育と未来を日々何度も考え、創造することである。なぜ、どうしてそこまで拒めるのだろうか。

どうしても初心を忘れてしまいがちな季節はやってくる。初心と感謝の育みを怠ったとき、感性と理性の働きなどなんの役割も果たさぬ次元に放り投げられる。赤子へのどんな想いも、第三者にとっては言葉かけこそがすべてだと認識されてしまわぬよう、日々の理性が重要である。

『頭で理屈を考えてから行動し、感性でモノを言わすのか。はたまた、感性で行動した結果を頭で分析して言葉にするものか。』答えは簡単である。理性も感性も天秤で釣り合っているだけである。


槍の間合いもまだまだだな。


枯れ木も山の賑わい。


HTML Wordpress メタルギア モノゴト 丁寧 万年筆 今宵 体感 作業 判断 北海道 単純 太陽 実験 容姿 心地よい 思考 意識 感覚 撮影 文化 映像 時間 本質 歩く 物語 環境 生活 瞬間 福島 簡単 精神 経験 自然 色彩 表現 要素 言葉 記憶 質素 身体 過去 違和感 雰囲気 風景

Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.