2012.01.17   民間伝承

生活の中にある末吉。

どうせならば旧正月まで
芋になっていようとさえ思ったが
睦月は優しく
私を錦のような霜とともに
穏やかな丘陵まで導いてくれた。
どうやらこの丘は
芋をするためのものではないようだ。
年末年始は少々思いもよらぬ災いが転じ
我がには随分と鼻白むほどであった。
一時は繊細な物事など
全く目にすることもできなかったが
やはり枯れ葉の落ちる動きと早さは
命を絶っても眺めていたいものだ。
兎に角今は自然の種と治癒に
ただ感謝のみである。

また我がの日常の粋を
序々に綴っていきたい。
今はそればかりを淡々と願う。


槍の間合いもまだまだだな。


枯れ木も山の賑わい。


HTML Wordpress メタルギア モノゴト 丁寧 万年筆 今宵 体感 作業 判断 北海道 単純 太陽 実験 容姿 心地よい 思考 意識 感覚 撮影 文化 映像 時間 本質 歩く 物語 環境 生活 瞬間 空間 簡単 精神 経験 自然 色彩 表現 要素 言葉 記憶 質素 身体 過去 違和感 雰囲気 風景

Copyright © 2014 kojinao. All rights reserved.